運転免許の再取得方法

運転免許の再取得方法


運転免許の再取得方法

交通違反や交通事故によって免許取り消し処分を受けた人が、再度運転免許を取得するためには、大きく2つのタイプに分かれます。
欠格期間終了後直ちに運転免許を取得する「期間有効活用タイプ」と、時間は多少かかりますが、再取得費用をできるだけ安価に済ませ実力で再取得する「低費用・実力取得タイプ」があります。
具体的には、「期間有効活用タイプ」は主に欠格期間中に公認指定教習所に通いながら、欠格期間という時間を有効に利用して再取得する方法です。
対して「低費用・実力取得タイプ」は、欠格期間終了後に運転免許試験場での一発試験による再取得方法です。

取消処分者講習の受講(必須)取消処分者講習の受講(必須)
免許再取得の主な流れ免許再取得の主な流れ
仮免許の受験仮免許の受験
路上練習申告書路上練習申告書
本免許受験本免許受験

運転免許再取得時の注意事項

免許取消後の免許再取得時は行政処分歴1回の状態となっています。
よって累積4点の違反で60日間の免許停止処分、10点で再取消処分になってしまいますので注意が必要です。
また、欠格期間が終了した日から5年を経過するまでの間に、再び違反や事故を起こして免許取消処分を受けた場合には、欠格期間が、通常の欠格期間に加えて2年間延長加算されますので注意してください。
ただし、欠格期間は延長加算された場合であっても最大で5年間です。



TOPに戻るTOPに戻る


交通違反の種類や点数・罰則などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 交通違反点数まるわかりサイト.All Rights Reserved.