意見聴取で有効になる意見

意見聴取で有効になる意見



意見聴取で有効になる意見

自分が犯した罪を素直に認め、今後において同じ過ちを犯さないことを誓い、反省を見せることが必要です。
不注意による怠慢や、自分自身の管理上の甘さなどを自分の言葉で発言します。
「運転が仕事のため、運転ができないと生活できないから何とかしてくれ」というような意見については、近畿圏では有効になるという報告を受けていますが、それ以外に地域では効力がないという報告も受けています。
よって、素直に深く反省しているということを述べるのがいいでしょう。
減免効果があるかは不明ですが、言葉に自信がない人が発言に変わって文章で表現する手法として、反省文などの提出は良い手段だと思われます。
嘆願書に関しては、交通事故などの被害者が書く場合のみ効果を発揮します。
また同じ違反を繰り返しているなどの経歴があったり、悪質な違反である酒気帯び関係は、どんなすばらしい意見を述べても効果がありませんので減免措置への期待は諦めたほうがよいでしょう。


免許停止処分(行政処分)に戻る免許停止処分(行政処分)に戻る
TOPに戻るTOPに戻る


交通違反の種類や点数・罰則などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 交通違反点数まるわかりサイト.All Rights Reserved.