幼児用補助装置使用義務違反

交通違反点数1点「幼児用補助装置使用義務違反」 交通違反点数1点「幼児用補助装置使用義務違反」



幼児用補助装置使用義務違反

--点数--
1点
--酒気帯び点数--
≪0.15mg/L以上0.25mg/L未満時≫
14点
≪0.25mg/L以上≫
25点
※呼気1リットル中のアルコール濃度検出量です。
--反則金--
≪大型車・中型車等≫
なし
≪普通車等≫
なし

幼児用補助装置使用義務違反とは

6歳未満の幼児を自動車に乗車させる際に、幼児用補助装置(チャイルドシート)を使用しないで車両を運転した場合に科されます。
ただし、病気や怪我などの理由でチャイルドシートを使用するのに無理がある場合や、その他道路交通法施行令26条の3の2の3項(下記9項目)で定められている理由がある場合にはチャイルドシートの使用が免除されます。

道路交通法第71条の3の3
(普通自動車等の運転者の遵守事項)
  • 自動車の運転者は、幼児用補助装置(幼児を乗車させる際座席ベルトに代わる機能を果たさせるため座席に固定して用いる補助装置であって、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定に適合し、かつ、幼児の発育の程度に応じた形状を有するものをいう。以下この項において同じ。)を使用しないで幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。
    ただし、疾病のため幼児用補助装置を使用させることが療養上適当でない幼児を乗車させるとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない。
道路交通法施行令26条の3の2の3項
(座席ベルト及び幼児用補助装置に係る義務の免除)
  1. 道路交通法第71条の3の3項ただし書の政令で定めるやむを得ない理由があるときは、次に掲げるとおりとする。
    1. 車両座席の構造上、チャイルドシートを固定させて装着することが出来ない場合
    2. 運転席を除き、その他の座席数以上の人数の者を乗車させるため、乗車する幼児の数と同数のチャイルドシートを固定することができない場合
      ただし、乗車定員の制限を超えない範囲での乗車に限ります。
    3. 負傷や障害により、チャイルドシートを着用した場合に身体に害を及ぼす可能性があるとされる幼児を乗車させる場合
    4. 身体的な理由(肥満等)により、チャイルドシートを着用することが困難な場合
    5. 身体上、シートベルトを正しく着用できる幼児の場合
    6. 運転者以外の同乗者が日常生活の世話(授乳等)を行っている幼児を乗車させる場合
      チャイルドシートを着用させたままでは困難な日常生活の世話に限ります。
    7. タクシーやバスなどの旅客となる場合
    8. 市町村の特定非営利活動や公共の福祉活動を確保するためにやむを得ない場合
      当該運送のためにやむを得ず幼児を乗車させなければならない場合
    9. 応急救護のために、医療機関や官公署等に緊急に幼児を搬送する必要がある場合

交通違反点数一覧表「1点」に戻る交通違反点数一覧表「1点」に戻る
交通違反点数一覧表に戻る点数一覧表に戻る
TOPに戻るTOPに戻る


交通違反の種類や点数・罰則などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 交通違反点数まるわかりサイト.All Rights Reserved.