座席ベルト装着義務違反

交通違反点数1点「座席ベルト装着義務違反」 交通違反点数1点「座席ベルト装着義務違反」



座席ベルト装着義務違反

--点数--
1点
--酒気帯び点数--
≪0.15mg/L以上0.25mg/L未満時≫
14点
≪0.25mg/L以上≫
25点
※呼気1リットル中のアルコール濃度検出量です。
--反則金--
≪大型車・中型車等≫
なし
≪普通車等≫
なし

座席ベルト装着義務違反とは

車両を運転する際には、運転者や同乗者に座席ベルト(シートベルト)の装着が義務付けられていますが、シートベルトを装着しないで車両を運転した場合に科されます。
ただし、後部座席のシートベルトの装着義務に関しては、高速道路のみとなっているため、一般道での罰則はありません。
なお、病気や怪我などの理由でシートベルトを使用するのに無理がある場合や、道路交通法施行令第26条の3の2項の1(下記8項目)で定められている理由がある場合にはシートベルトの着用が免除されます。

道路交通法第71条の3の1項、2項
(普通自動車等の運転者の遵守事項)
  1. 自動車(大型自動二輪車及び普通自動二輪車を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定により当該自動車に備えなければならないこととされている座席ベルト(以下「座席ベルト」という。)を装着しないで自動車を運転してはならない。ただし、疾病のため座席ベルトを装着することが療養上適当でない者が自動車を運転するとき、緊急自動車の運転者が当該緊急自動車を運転するとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない。
  2. 自動車の運転者は、座席ベルトを装着しない者を運転者席以外の乗車装置(当該乗車装置につき座席ベルトを備えなければならないこととされているものに限る。以下この項において同じ。)に乗車させて自動車を運転してはならない。ただし、幼児(適切に座席ベルトを装着させるに足りる座高を有するものを除く。以下この条において同じ。)を当該乗車装置に乗車させるとき、疾病のため座席ベルトを装着させることが療養上適当でない者を当該乗車装置に乗車させるとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない。
道路交通法施行令第26条の3の2の1項
(座席ベルト及び幼児用補助装置に係る義務の免除)
  1. 第71条の3の1項ただし書の政令で定めるやむを得ない理由があるときは、次に掲げるとおりとする。
    1. 負傷や障害、妊娠等により、シートベルトの装着が困難な場合
    2. 身体的な理由(肥満等)により、シートベルトを着用することが困難な場合
    3. 車両を後退(バック)させるために運転する場合
    4. 消防士等が消防用車両を運転する場合
    5. 人命、危害を及ぼす行為の発生の警戒、及びその行為を制止する職務に従事する公務員が職務のために車両を運転する場合
    6. 郵便物の配達、ごみ収集等、頻繁に乗降する区間における業務を遂行する場合
    7. 要人警護等で警察用自動車に護衛、または誘導されている場合
    8. 公職選挙法の適用を受ける選挙における公職の候補者、または選挙運動に従事する者が、選挙カーを運転する場合

交通違反点数一覧表「1点」に戻る交通違反点数一覧表「1点」に戻る
交通違反点数一覧表に戻る点数一覧表に戻る
TOPに戻るTOPに戻る


交通違反の種類や点数・罰則などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 交通違反点数まるわかりサイト.All Rights Reserved.