けん引自動車本線車道通行帯違反

交通違反点数1点「けん引自動車本線車道通行帯違反」 交通違反点数1点「けん引自動車本線車道通行帯違反」



けん引自動車本線車道通行帯違反

--点数--
1点
--酒気帯び点数--
≪0.15mg/L以上0.25mg/L未満時≫
14点
≪0.25mg/L以上≫
25点
※呼気1リットル中のアルコール濃度検出量です。
--反則金--
≪大型車・中型車等≫
7千円
≪普通車等≫
6千円

けん引自動車本線車道通行帯違反とは

主に高速自動車道においては、けん引するための構造、および装置を有する車両がけん引する場合は、左から数えて一番目の通行帯(通常は一番左の車線)しか走行することが出来ない決まりになっていますが、左から数えて一番目の通行帯(通常は一番左の車線)以外を通行した場合に科されます。
なお、車両通行区分標識や表示によって通行帯が指定されている場合には、その標識に従わなければらなりません。

道路交通法第75条の8の2
(停車及び駐車の禁止)
  1. 牽引するための構造及び装置を有する大型自動車、中型自動車、普通自動車又は大型特殊自動車(以下「牽引自動車」という。)で重被牽引車を牽引しているものが車両通行帯の設けられた自動車専用道路(次項に規定するものに限る。)又は高速自動車国道の本線車道を通行する場合における当該牽引自動車の通行の区分については、第二十条の規定は、適用しない。
    この場合においては、次項から第4項までの規定に定めるところによる。
  2. 前項の牽引自動車は、車両通行帯の設けられた自動車専用道路(道路標識等により指定された区間に限る。)の本線車道においては、当該本線車道の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。
  3. 第1項の牽引自動車は、車両通行帯の設けられた高速自動車国道の本線車道においては、当該本線車道の左側端から数えて一番目の車両通行帯(道路標識等により通行の区分が指定されているときは、当該通行の区分に係る車両通行帯)を通行しなければならない。
  4. 第1項の牽引自動車は、第二十三条若しくは第七十五条の四の規定による自動車の最低速度に達しない速度で進行している自動車を追い越すとき、第二十六条の二第三項の規定によりその通行している車両通行帯をそのまま通行するとき、第四十条第二項の規定により一時進路を譲るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、前2項の規定によらないことができる。
    この場合において、追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。

交通違反点数一覧表「1点」に戻る交通違反点数一覧表「1点」に戻る
交通違反点数一覧表に戻る点数一覧表に戻る
TOPに戻るTOPに戻る


交通違反の種類や点数・罰則などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 交通違反点数まるわかりサイト.All Rights Reserved.