放置駐車違反(駐車禁止場所等)

交通違反点数2点「放置駐車違反(駐車禁止場所等)」 交通違反点数2点「放置駐車違反(駐車禁止場所等)」



放置駐車違反(駐車禁止場所等)

--点数--
2点
--酒気帯び点数--
≪0.15mg/L以上0.25mg/L未満時≫
14点
≪0.25mg/L以上≫
25点
※呼気1リットル中のアルコール濃度検出量です。
--反則金--
≪大型車・中型車等≫
2万1千円
≪普通車等≫
1万5千円
≪自動二輪車≫
9千円
≪原動機付自転車≫
9千円

放置駐車違反(駐車禁止場所等)の反則金の詳細

--免許停止処分--
前歴回数が2回以上あって、当該違反を犯した場合は免許停止処分になります。

前歴とは前歴とは、過去3年以内の免許停止処分(免停)の回数です。
なお、前回の免停処分の解除から1年以上無事故無違反だと前歴がリセットされ、過去の行政処分歴がすべて0回と見なされます。
1年間という定義は免停処分が終了した日から換算を行いますので、1月1日に免停が開始され1月30日に免停が解除した場合は、翌年の1月31日の時点で前歴は0回として計算されます。

放置駐車違反(駐車禁止場所等)とは

道路交通法第45条で規定されている駐車が禁止されている場所等において、車両を駐車し、かつ、運転者が駐車車両から離れていて直ちに車両を移動させることができない場合に科されます。
例えば、火災報知器の1m範囲内の場所に駐車して車両から離れ、車両に戻ってくると違反キップを切られていたという場合は放置駐車違反となります。
なお、駐車とは、「客待ち・荷待ち」、「5分を超える荷物の積み下ろし」、「故障」など、車が継続的に停止している状態や、運転者が車両から離れていてすぐに運転できない状態での停止を指します。
また、放置駐車とは、駐車現場から運転者が離れているため、警察官等による移動命令に従って、直ちに駐車車両を移動させることができない状態を指します。
駐車が禁止されている場所は下記7か所になります。

駐車禁止場所
  1. 標識や標示がある場所
  2. 火災報知機から1m以内の場所
  3. 駐車場・車庫などの自動車専用の出入り口から3m以内の場所
  4. 道路工事の区域の端から5m以内の場所
  5. 消防署などの出入り口から5m以内の場所
  6. 消火栓・消防水利標識が設置されている場所から5m以内の場所
  7. 駐車した車両右側に3.5m以上の余地を保てない場所

※荷物の積卸しで運転者が直ぐに運転できる場合や傷病者の救護の為やむを得ない場合、標識によって認められている場合には駐停車することができます。

道路交通法第45条
(駐車を禁止する場所)
  1. 車両は、道路標識等により駐車が禁止されている道路の部分及び次に掲げるその他の道路の部分においては、駐車してはならない。
    ただし、公安委員会の定めるところにより警察署長の許可を受けたときは、この限りでない。
    1. 人の乗降、貨物の積卸し、駐車又は自動車の格納若しくは修理のため道路外に設けられた施設又は場所の道路に接する自動車用の出入口から3メートル以内の部分
    2. 道路工事が行なわれている場合における当該工事区域の側端から5メートル以内の部分
    3. 消防用機械器具の置場若しくは消防用防火水槽の側端又はこれらの道路に接する出入口から5メートル以内の部分
    4. 消火栓、指定消防水利の標識が設けられている位置又は消防用防火水槽の吸水口若しくは吸管投入孔から5メートル以内の部分
    5. 火災報知機から1メートル以内の部分
  2. 車両は、駐車が禁止されていない道路に駐車する場合に当該車両の右側の道路上に3.5メートル(道路標識等により距離が指定されているときは、その距離)以上の余地がないこととなる場所においては、駐車してはならない。
    ただし、貨物の積卸しを行なう場合で運転者がその車両を離れないとき、若しくは運転者がその車両を離れたが直ちに運転に従事することができる状態にあるとき、又は傷病者の救護のためやむを得ないときは、この限りでない
  3. 公安委員会が交通がひんぱんでないと認めて指定した区域においては、前項本文の規定は、適用しない。

交通違反点数一覧表「2点」に戻る交通違反点数一覧表「2点」に戻る
交通違反点数一覧表に戻る点数一覧表に戻る
TOPに戻るTOPに戻る


交通違反の種類や点数・罰則などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 交通違反点数まるわかりサイト.All Rights Reserved.