優先道路通行車妨害等違反

交通違反点数2点「優先道路通行車妨害等違反」 交通違反点数2点「優先道路通行車妨害等違反」



優先道路通行車妨害等違反

--点数--
2点
--酒気帯び点数--
≪0.15mg/L以上0.25mg/L未満時≫
14点
≪0.25mg/L以上≫
25点
※呼気1リットル中のアルコール濃度検出量です。
--反則金--
≪大型車・中型車等≫
9千円
≪普通車等≫
7千円
≪自動二輪車≫
6千円
≪原動機付自転車≫
5千円
--免許停止処分--
前歴回数が2回以上あって、当該違反を犯した場合は免許停止処分になります。

前歴とは前歴とは、過去3年以内の免許停止処分(免停)の回数です。
なお、前回の免停処分の解除から1年以上無事故無違反だと前歴がリセットされ、過去の行政処分歴がすべて0回と見なされます。
1年間という定義は免停処分が終了した日から換算を行いますので、1月1日に免停が開始され1月30日に免停が解除した場合は、翌年の1月31日の時点で前歴は0回として計算されます。

優先道路通行車妨害等違反とは

道路交通法第36条1項、2項、3項で定められている、「交通整理の行われていない交差点に進入する際に、交差している道路が優先標識がある優先道路である場合や明らかに通行している道路の幅よりも広い道路である場合には、交差道路を通行する車両等の進行を妨害しないように安全を確かめながら徐行して交差点に進入しなければならない」、という定めを守らなかった場合に科されます。

道路交通法第36条
交差点における他の車両等との関係等
  1. 車両等は、交通整理の行なわれていない交差点においては、次項の規定が適用される場合を除き、次の各号に掲げる区分に従い、当該各号に掲げる車両等の進行妨害をしてはならない。
    1. 車両である場合、その通行している道路と交差する道路(以下「交差道路」という。)を左方から進行してくる車両及び交差道路を通行する路面電車
    2. 路面電車である場合、交差道路を左方から進行してくる路面電車
  2. 車両等は、交通整理の行なわれていない交差点においては、その通行している道路が優先道路(道路標識等により優先道路として指定されているもの及び当該交差点において当該道路における車両の通行を規制する道路標識等による中央線又は車両通行帯が設けられている道路をいう。以下同じ。)である場合を除き、交差道路が優先道路であるとき、又はその通行している道路の幅員よりも交差道路の幅員が明らかに広いものであるときは、当該交差道路を通行する車両等の進行妨害をしてはならない。
  3. 車両等(優先道路を通行している車両等を除く。)は、交通整理の行なわれていない交差点に入ろうとする場合において、交差道路が優先道路であるとき、又はその通行している道路の幅員よりも交差道路の幅員が明らかに広いものであるときは、徐行しなければならない。

交通違反点数一覧表「2点」に戻る交通違反点数一覧表「2点」に戻る
交通違反点数一覧表に戻る点数一覧表に戻る
TOPに戻るTOPに戻る


交通違反の種類や点数・罰則などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 交通違反点数まるわかりサイト.All Rights Reserved.