通行区分違反

交通違反点数2点「通行区分違反」 交通違反点数2点「通行区分違反」



通行区分違反

--点数--
2点
--酒気帯び点数--
≪0.15mg/L以上0.25mg/L未満時≫
14点
≪0.25mg/L以上≫
25点
※呼気1リットル中のアルコール濃度検出量です。
--反則金--
≪大型車・中型車等≫
1万2千円
≪普通車等≫
9千円
≪自動二輪車≫
7千円
≪原動機付自転車≫
6千円
--免許停止処分--
前歴回数が2回以上あって、当該違反を犯した場合は免許停止処分になります。

前歴とは前歴とは、過去3年以内の免許停止処分(免停)の回数です。
なお、前回の免停処分の解除から1年以上無事故無違反だと前歴がリセットされ、過去の行政処分歴がすべて0回と見なされます。
1年間という定義は免停処分が終了した日から換算を行いますので、1月1日に免停が開始され1月30日に免停が解除した場合は、翌年の1月31日の時点で前歴は0回として計算されます。

通行区分違反とは

道路交通法第17条で定められている、「決められた車両通行帯以外を通行してはならない」、という定めを守らなかった場合に科されます。
具体的には、「歩道と車道の区分がある道路においては車両は車道を通行しなければならない」、「車両は車道の中央から左側の部分を通行しなければならない」、「やむを得ない場合を除いて自転車以外の車両は自転車道を通行してはならない」、「車両は、安全地帯や車両通行禁止部分などには入ってはならない」などです。

道路交通法第17条
(通行区分)
  1. 車両は、歩道又は路側帯(以下この条において「歩道等」という。)と車道の区別のある道路においては、車道を通行しなければならない。
    ただし、道路外の施設又は場所に出入するためやむを得ない場合において歩道等を横断するとき、又は歩道等で停車し、若しくは駐車するため必要な限度において歩道等を通行するときは、この限りでない。
  2. 前項ただし書の場合において、車両は、歩道等に入る直前で一時停止し、かつ、歩行者の通行を妨げないようにしなければならない。
  3. 二輪又は三輪の自転車(側車付きのもの及び他の車両を牽引しているものを除く。)以外の車両は、自転車道を通行してはならない。
    ただし、道路外の施設又は場所に出入するためやむを得ないときは、自転車道を横断することができる。
  4. 車両は、道路(歩道等と車道の区別のある道路においては、車道。)の中央(軌道が道路の側端に寄つて設けられている場合においては当該道路の軌道敷を除いた部分の中央とし、道路標識等による中央線が設けられているときはその中央線の設けられた道路の部分を中央とする。以下同じ。)から左の部分(以下「左側部分」という。)を通行しなければならない。
  5. 車両は、次の各号に掲げる場合においては、前項の規定にかかわらず、道路の中央から右の部分(以下「右側部分」という。)にその全部又は一部をはみ出して通行することができる。
    この場合において、車両は、第一号に掲げる場合を除き、そのはみ出し方ができるだけ少なくなるようにしなければならない。
    1. 当該道路が一方通行(道路における車両の通行につき一定の方向にする通行が禁止されていることをいう。以下同じ。)となっているとき。
    2. 当該道路の左側部分の幅員が当該車両の通行のため十分なものでないとき。
    3. 当該車両が道路の損壊、道路工事その他の障害のため当該道路の左側部分を通行することができないとき。
    4. 当該道路の左側部分の幅員が六メートルに満たない道路において、他の車両を追い越そうとするとき(当該道路の右側部分を見とおすことができ、かつ、反対の方向からの交通を妨げるおそれがない場合に限るものとし、道路標識等により追越しのため右側部分にはみ出して通行することが禁止されている場合を除く。)。
    5. 勾配の急な道路のまがりかど附近について、道路標識等により通行の方法が指定されている場合において、当該車両が当該指定に従い通行するとき。
  6. 車両は、安全地帯又は道路標識等により車両の通行の用に供しない部分であることが表示されているその他の道路の部分に入ってはならない。

交通違反点数一覧表「2点」に戻る交通違反点数一覧表「2点」に戻る
交通違反点数一覧表に戻る点数一覧表に戻る
TOPに戻るTOPに戻る


交通違反の種類や点数・罰則などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 交通違反点数まるわかりサイト.All Rights Reserved.