免停処分に緩和されるケース

免停処分に緩和されるケース



免許停止処分に緩和されるケース

免許停止処分への緩和にはボーダラインが存在します。
具体的には、下記のような条件の場合に、免許停止処分に緩和されたと報告されています。

≪1≫
前歴0回で駐車禁止2回、速度超過(50km以上)の合計16点
≪2≫
前歴0回で人身事故関連で5点、速度超過(50km以上)、一時停止違反の合計19点
≪3≫
前歴1回で速度超過(50km以上)の合計12点
≪4≫
前歴1回で駐車禁止、速度超過(30km以上)、人身事故4点の合計12点
≪5≫
前歴2回で速度超過(25km以上30km未満)、人身事故4点の合計7点
≪6≫
前歴2回で速度超過(50km以上超過)の合計12点(但し55km未満の速度超過)
≪7≫
前歴2回で速度超過(30km以上)、駐車禁止の合計8点
≪8≫
前歴3回で速度超過(25km以上30km未満)、人身事故5点の合計8点
※上記の条件では実際に免停処分に緩和されたことを確認していますが、100%免許停止処分に緩和されるわけではありません。
あくまでも参考程度に考えてください。
--解説--
≪2≫のケース

意見聴取の場面で速度超過の弁明として、「身内が緊急入院したため、慌てて病院へ駆けつけたことによる精神的な不安感」を訴え、かつ、当該病院の診断書と、人身事故に対しての示談書を提出したという経緯があります。
※このような証拠の提出や意見があることによって、取り消し処分を回避できたという因果関係は不明です。

≪8≫のケース

人身事故の処理を滞りなく進め、示談書を提出し、かつ、被害者へのケア状況などを報告しました。
※このような証拠の提出や意見があることによって、取り消し処分を回避できたという因果関係は不明です。

速度超過の場合

速度超過(50km以上)の違反は「60km超過」であっても「80km以上の超過」であっても、違反点数としては12点と同じですが、行政処分のボーダーラインとしては、「55kmまでの速度超過」であり、かつ、連続違反行為でなければ、「悪質な違反ではない」という考えのようです。
よって、「55km以内の速度超過」では、その大半の違反者が、「速度超過をしてしまった明確な理由」と「反省していること」を聴聞官にアピールすることにより、処分の緩和を期待することができます。
ただし、「56km以上の速度超過」の場合は、免停への緩和対象になっていないという報告を受けています。

処分緩和後の最終処分

免許停止処分に緩和された場合の最終処分は、「免停180日間」となります。
「免停180日間」よりさらに緩和されることは100%ありません。


免許取り消し処分(行政処分)に戻る免許取り消し処分(行政処分)に戻る
TOPに戻るTOPに戻る


交通違反の種類や点数・罰則などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 交通違反点数まるわかりサイト.All Rights Reserved.