取り消し処分が確実なケース

取り消し処分が確実なケース



取り消し処分が確実なケース

下記は、免許取り消し処分が確実なケースです。
下記のような条件の場合には、免許取り消し処分が課されたと報告を受けています。

≪1≫
無免許運転、大型免許等無資格運転をした場合
≪2≫
酒気帯び運転によって免許取り消し該当点数を超過した場合
≪3≫
飲酒運転や共同危険行為等禁止違反などの悪質な違反がある場合
--解説--

≪1≫は最も多い違反ですが、過去35年間、例外なく免許取り消し処分が課されています。
一例ですが、免許証の有効期限切れに気づかず、免許が失効しているにもかかわらず、うかっり運転して検挙された場合は、「免許証の効力がない状態での運転」として「無免許運転」と違反処理され、結果免許取り消し処分に課されます。


免許取り消し処分(行政処分)に戻る免許取り消し処分(行政処分)に戻る
TOPに戻るTOPに戻る


交通違反の種類や点数・罰則などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 交通違反点数まるわかりサイト.All Rights Reserved.