都道府県別処分判断基準

都道府県別処分判断基準



都道府県別処分判断基準

意見聴取において、点数表に基づく処分に対して最終的に処分が緩和されるか否かに関しては、都道府県単位の公安委員会の管轄によって多少判断基準の差があります。
例えば同一の違反事例による免許取り消し対象者であって、東京都の場合では免停処分へ緩和されたが、神奈川県の場合では免許取り消し処分に課されるといったこともあるということです。
ただし、無免許運転や飲酒などの悪質な違反歴が含まれる場合においては、どの地域であっても情状酌量などはなく、厳しい処分が課せられます。
下記は、地域ごとの最終処分決定裁量の差の一覧です。
なお、≪不明地域≫とは過去報告がない又は判断に足りる情報不足のため判断ができない地域です。

--処分判断基準が厳しい地域--

茨城県・神奈川県・岐阜県・熊本県・千葉県・栃木県・奈良県・広島県・兵庫県・福岡県・福島県

--処分判断基準が中立的な地域--

愛知県・大阪府・京都府・静岡県・新潟県・三重県・宮城県

--処分判断基準が比較的甘い地域--

青森県・岡山県・鹿児島県・埼玉県・鳥取県・山口県

--処分判断基準が甘い地域--

東京都

--不明地域--

秋田県・石川県・岩手県・大分県・沖縄県・島根県・長崎県・長野県・福井県・北海道・宮崎県・山形県・山梨県・和歌山県

※注意
処分判断基準が厳しいとされる地域でも、免停処分へ軽減される可能性はあります。
また、本来受けるべき地域以外で意見聴取を受けることを目的とした情報公開ではありません。


免許取り消し処分(行政処分)に戻る免許取り消し処分(行政処分)に戻る
TOPに戻るTOPに戻る


交通違反の種類や点数・罰則などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 交通違反点数まるわかりサイト.All Rights Reserved.