仮免許の受験

仮免許の受験



仮免許試験の受験

普通免許を取得するためには、技能試験を受験して合格しなければなりません。
本免許試験では路上による実地試験が行なわれるため、本免試験前に予め仮免許を取得する必要があります。
仮免許については欠格期間中でも受験、取得することができます。
ただし、仮免許の有効期限は6か月ですから、この6か月の間に本免許を取得する必要があります。
運転免許の再取得に関しては、一部の地域では取消処分者講習の受講条件として仮免許取得を義務付けていますので注意が必要です。
取消処分者講習の受講についてはコチラで確認してください。

仮免許の取得方法

仮免許を取得する方法としては、「指定教習所で取得する方法」と「運転免許試験場で受験する方法」の二パターンがあります。
免許再取得を目的とした場合には、過去運転経歴が豊富にあるわけですから、後者の「運転免許試験場で受験」でもいいと思います。
ただし、仮免許を確実に取得したい場合には、資金面や時間的に余裕が必要ですが「指定教習所で取得する方法」がおすすめです。

仮免許試験の難易度

仮免許学科試験は特別難しいということはありませんが、技能試験については合格率が低く設定され難しいと言われています。
合格ラインに達する運転技術を有していれば、一発合格も不可能ではありませんが、大半の人は、「久しぶりの自動車の運転」と「試験場での緊迫感からくる緊張」などから、不合格になってしまうというケースが多いようです。
運転免許試験場での受験では、合格ラインに達すれば合格、減点超過すれば即不合格という採点が下されます。
よって、適正な運転をすることができれば必ず合格することができます。

仮免許取得にかかわる手数料

--仮免許学科試験料--
¥3,300円
--仮免許技能試験料--
¥1,150円
※不合格の場合の再受験料は¥4,450円
--仮免許交付手数料--
¥1,200円

運転免許の再取得方法に戻る運転免許の再取得方法に戻る
TOPに戻るTOPに戻る


交通違反の種類や点数・罰則などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 交通違反点数まるわかりサイト.All Rights Reserved.