人身事故に対する刑事処分の処分目安

人身事故に対する刑事処分の処分目安



人身事故に対する刑事処分の処分目安

人身事故を起こして、起訴された場合における参考刑・額です。
人身事故を起こした場合でも、その事故内容により、起訴猶予処分となる場合もありますし、起訴された場合であっても異なる判決が下される場合もあります。
ただし、横断歩道上の歩行者に対して人身事故を起こした場合(歩行者用信号機が赤などを除く)については、その大半が起訴の対象となります。
また、酒酔い運転及び酒気帯び運転中における人身事故の場合は、刑事処分の中でも限りなく重い罪が科せられます。

治療期間15日未満の軽傷事故又は建造物損壊に係る交通事故「事故の主な原因が加害者側以外」
≪加算される付加点数≫
→2点
≪刑事処分目安≫
→罰金刑「120,000円〜150,000円」
治療期間15日未満の軽傷事故又は建造物損壊に係る交通事故「事故の主な原因が加害者側」
≪加算される付加点数≫
→3点
≪刑事処分目安≫
→罰金刑「200,000円〜300,000円」
治療期間15日以上30日未満の軽傷事故「事故の主な原因が加害者側以外」
≪加算される付加点数≫
→4点
≪刑事処分目安≫
→罰金刑「150,000円〜200,000円」
治療期間15日以上30日未満の軽傷事故「事故の主な原因が加害者側」
≪加算される付加点数≫
→6点
≪刑事処分目安≫
→罰金刑「200,000円〜500,000円」
治療期間30日以上3か月未満の重傷事故「事故の主な原因が加害者側」
≪加算される付加点数≫
→9点
≪刑事処分目安≫
→罰金刑「300,000円〜500,000円」
治療期間3か月以上の重傷事故、又は特定の後遺障害が伴う事故「事故の主な原因が加害者側」
≪加算される付加点数≫
→13点
≪刑事処分目安≫
→懲役刑・禁固刑及び罰金刑「500,000円」

※懲役刑=刑務所に入所+労働の義務、禁固刑=刑務所に入所(労働の義務はない)

過失による死亡事故
≪加算される付加点数≫
→20点
≪刑事処分目安≫
→懲役刑・禁固刑「7年以下」

※懲役刑=刑務所に入所+労働の義務、禁固刑=刑務所に入所(労働の義務はない)

事故の主な原因が加害者側以外の死亡事故及び重傷事故

事故の主な原因が加害者側以外で発生した死亡事故及び重傷事故における処分内容は、事故の状況によって大きく差が出ます。
例えば、被害者が横断禁止などの道路へ故意に飛び出し、運転者が回避不可能であった状況での人身事故では不起訴処分になります。

故意による事故

故意による事故で、人の死傷や建造物破壊などを起こした場合は「危険運転致死傷罪」が適用されます。
また、「酒酔い運転」や「麻薬等運転」及び「救護義務違反」などの特定違反行為(35点以上)に相当する場合については、上記を超える行政処分が課せられます。


人身事故についてに戻る人身事故についてに戻る
TOPに戻るTOPに戻る


交通違反の種類や点数・罰則などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 交通違反点数まるわかりサイト.All Rights Reserved.