初心運転者講習の受講(行政処分)

初心運転者講習の受講(行政処分)



初心運転者講習の受講(行政処分)

初心運転者期間中に

1. 1点〜2点の交通違反を繰り返し、合計累積点数が3点以上となった場合
2. 1度の違反で3点になり、その後再度違反を起こし、累積点数が4点以上となった場合
3. 1度の違反や事故で4点以上になった場合

上記の3つに該当する違反を起こした場合においては、初心運転者講習を受講しなければなりません。
初心運転者講習は、転居などの明確な理由がある場合を除き、原則的に自分が受講した教習所で行われます。
運転免許証記載の住所に、郵送で初心講習受講通知書が送付されますので、その通知書を受取ってから1か月以内に講習を受講してください。
また、講習カリキュラムには路上教習が組込まれているので、講習当日は必ず運転免許証も忘れずに携帯する必要があります。
仮に、初心運転者講習を受講しなかった場合には、再試験となります。
この再試験で不合格だった場合には、免許取り消しとなります。

初心運転者講習を受講しなかった場合初心運転者講習を受講しなかった場合
初心運転者講習期限の延長初心運転者講習期限の延長
再試験が求められるケース再試験が求められるケース
初心運転者期間中の免許取り消し処分初心運転者期間中の免許取り消し処分


初心者特例制度に戻る初心者特例制度に戻る
TOPに戻るTOPに戻る


交通違反の種類や点数・罰則などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 交通違反点数まるわかりサイト.All Rights Reserved.