初心運転者期間中の免許取り消し処分

初心運転者期間中の免許取り消し処分



初心運転者期間中の免許取り消し処分

初心運転者期間中に違反を犯し、その違反点数の合計が15点に達すると、一般運転者と同様に免許取り消し処分に課せられ、それに加えて「初心運転者講習」を別途受講しなければなりません。
免許取り消し処分に課せられた場合には、一般運転者の場合であれば欠格期間が存在しますが、初心運転者期間中では欠格期間はありません。
したがって、免許取り消し処分が課された翌日から直ちに再取得することができます。
ただし、再試験で不合格の場合で、かつ15点以上での免許取り消し対象者については、一般運転者と同様に欠格期間が存在します。
欠格期間一覧欠格期間一覧


初心運転者講習の受講(行政処分)に戻る初心運転者講習の受講(行政処分)に戻る
初心者特例制度に戻る初心者特例制度に戻る
TOPに戻るTOPに戻る


交通違反の種類や点数・罰則などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 交通違反点数まるわかりサイト.All Rights Reserved.