Hシステムオービス

Hシステムオービス



Hシステムオービス

Hシステムの測定方式は、「10.525GHz:Xバンド」のレーダを利用して測定していますが、従来のレーダ式と決定的な違いが2つあります。
その違いの1つ目は、速度測定するためのレーダ波に継続性がなく断続波であるために、電波受信が困難であるという点です。
したがって、旧タイプのHシステム未対応レーダ探知機では検知が比較的困難です。
しかし、最近ではHシステム特有の断続波を識別できる機能を搭載しているレーダ探知機も流通しています。
2つ目は、デジタルカメラによる撮影方法が採用され、撮影されたデータは即座に最寄の警察へATM回線データ転送されるシステムになっているという点です。
したがって、撮影フィルム切れの発生が100%ないため、仮に撮影された場合には、運転者に対する通知が比較的早期に来るのが特長です。

Hシステムの外観

Hシステムオービス

Hシステム機器解説

Hシステムオービス

Hシステムオービスの特徴

Hシステムの特徴は、四角形でクリーム色の物体(レーダー)があるという点です。
また、事前警告看板の他に、オービス設置場所数メートル前に電光掲示板タイプの警告板が設置しています。
この警告表示には2種類あり、規定速度を超過した車両をオービス数メートル手前に設置してある赤外線センサーで検知した場合に「警告スピード落とせ」と表示される場合と、車間距離を空けていない状態と検知した場合の「車間注意」と表示された場合です。
当然、この「警告スピード落とせ」の警告を無視し続けて走行すると、オービスに撮影されます。

事前警告看板(電光掲示板タイプ)

電光掲示板タイプの警告板

赤外線センサー

赤外線センサー


オービスの種類に戻るオービスの種類に戻る
オービスの解説に戻るオービスの解説に戻る
TOPに戻るTOPに戻る


交通違反の種類や点数・罰則などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 交通違反点数まるわかりサイト.All Rights Reserved.