ループコイル式オービス

ループコイル式オービス



ループコイル式オービス

ループコイル式オービスとは、道路の中にループコイルが埋め込まれていて、その上を通過する車の磁界によって速度を測定し、一定以上の速度超過をして走行する車両に対して撮影を行うオービスです。
したがって、電波を利用した取り締まり方法ではないので、レーダ探知機では一切反応しません。
しかし、このオービスも他のオービスと同様に事前警告看板が数か所にわたって設置されていますので、看板確認後から減速してオービスを通過することにより十分回避できます。
ループコイル式オービスは、高速道路での採用率が非常に高く、首都高速に設置してあるオービスの大半はこのループコイル式です。

ループコイル式オービスの外観

ループコイル式オービス

ループコイル式オービスの機器解説

ループコイル式オービス

ループコイル式オービスの特徴

ループコイル式オービスのカメラ部分は、中央分離帯もしくは側道に自立型設置してあります。
道路上にある白線のマーキング部分は、3つのセンサーが埋め込んである箇所で、一定距離の車両通過時間を計測し、車両速度を割り出します。
割り出した速度が規定速度を超過している場合には、中央分離帯もしくは側道に設置してあるカメラ部分により、その車両を赤外線で撮影します。
撮影方式は、レーダ式と同様にフィルムを内蔵して撮影する方法ですので、フィルム切れというケースが考えられるタイプです。
よって、撮影から運転者への通知までの期間が比較的長いようです。


オービスの種類に戻るオービスの種類に戻る
オービスの解説に戻るオービスの解説に戻る
TOPに戻るTOPに戻る


交通違反の種類や点数・罰則などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 交通違反点数まるわかりサイト.All Rights Reserved.