移動オービス

移動オービス



移動オービス

通常のオービスは道路上に設置されている固定式ですから移動はできません。
しかし、通常の固定式オービスの他に「移動オービス」というものがあります。
この移動オービスは、ある程度場所は固定化されていますが、いつどこで出没するかわからない神出鬼没のオービスです。
大型バンの後ろから走行車線にカメラを向けて待機し、規定速度を超過した車両に対して撮影を行う有人オービスです。
事前警告看板は設置されていますが、その看板は小さく、電柱や標識のポールに簡単に設置してあるだけということも多く、また「速度取り締まり中」などあいまいなニュアンスで表現されていますので、特に夜間では事前に確認するのが非常に困難です。
レーダー式の移動オービスであれば、ステルス受信機能内蔵のレーダー探知機で対応することができますが、光電管式の移動オービスの場合は、レーダー探知機では対応できません。

移動オービスの外観

移動オービス

移動オービスの機器解説

移動オービス

レーダー式と光電管式

レーダー式移動オービス

レーダー式移動オービス

光電管式移動オービス"

光電管式移動オービス

移動オービスの見分け方

移動オービスは神出鬼没ですから、いつどこで出没するのかはかわからないわけですが、当たり構わずどこでも設置できるわけはありません。

1.交通の妨げにならない環境下(ゼブラゾーンなど)でワンボックスカーを長時間駐車することができる
2.車両後部から走行車線一面を見渡せる場所である
3.速度超過しやすい道路であること(速度超過車両が多い)

上記1、2、3の条件が満たされない限り、オービスが設置されることはありません。
よって、上記の条件が満たされた場合には警戒が必要です。


オービスの種類に戻るオービスの種類に戻る
オービスの解説に戻るオービスの解説に戻る
TOPに戻るTOPに戻る


交通違反の種類や点数・罰則などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 交通違反点数まるわかりサイト.All Rights Reserved.