オービス作動速度

オービス作動速度



オービス作動速度

オービスが作動する速度は一般に、30km/h以上(高速道路の場合は40km/h以上)の速度超過からと考えられています。
オービスに撮影された場合で30km/h未満の速度超過であったという報告は今のところありません。
つまりオービスは、違反点数が6点以上に該当する速度以上で作動するように設定されているのです。
ただし、オービスの設置個所によっては、50km/h以上の速度超過から作動するように設定されている場所もあり、作動速度は設置箇所によって区々です。
首都高速に設置されているオービスの大半は、110km/h以上(制限速度60km/h→50km以上の速度超過)が検挙対象になっているようです。

速度規制が発生した場合のオービス作動速度

雨天などで速度規制が発生した場合のオービス作動速度は、平時と変わりません。
つまり、速度規制とオービス作動速度は連動していないのです。
仮に、平時100km/h制限の道路において、雨天などの天候悪化により80km/hに速度規制されていた場合であっても、平時と同様にオービスの作動設定は100km/h制限プラス40km/h以上の速度超過対象である140km/h以上からの作動であると考えられます。


オービスの解説に戻るオービスの解説に戻る
TOPに戻るTOPに戻る


交通違反の種類や点数・罰則などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 交通違反点数まるわかりサイト.All Rights Reserved.