オービスの光量

オービスの光量



オービスのフラッシュ

オービスが作動すると、対象車両に対して撮影を行ないます。
撮影は、運転者の顔と車のナンバー、撮影時の車両速度を記録するのですが、この撮影には、昼間でも夜間でも鮮明に撮影する必要があるために赤外線ストロボが用いられます。
撮影方法は、赤外線を用いるためストロボは不要で、発光(フラッシュ)なしでも撮影することは可能なのですが、速度超過によって検挙対象の撮影をしたということを運転者自身に知らせるために、昼間でも発光(フラッシュ)するように設計されています。
オービスの種類により、フラッシュの色・強弱の差はありますが、撮影された自覚がないまま後日通知が来たという前例はほとんどなく、少なからず自分がオービスに撮影されたという自覚があるという意見が大半です。
よって、よほどの鈍感者でもない限りオービスに撮影されたと認識できるレベルのようです。
仮に、「光ったかもしれない」という程度の感覚で、なおかつそのときの車両速度が明らかに制限速度を超過していないのであれば、オービスではなくNシステムTシステムとの見間違いだと思われます。

レーダ式・ループコイル式オービスの光量

旧タイプのオービスである「レーダ式」「ループコイル式」では、ほぼ100%の確率で撮影対象車両に対して強烈な発光(フラッシュ)を放ち、このフラッシュは、誰が見てもオービスが作動して撮影されたと自覚できるレベルの発光量だと報告を受けています。
このタイプの発光量については、移動オービス(レーダ式・光電管式)も同様であると報告を受けています。

Hシステム・LHシステムオービスの光量

「Hシステム」「LHシステム」は、ストロボなしでも十分撮影能力のあるCCDカメラを使用して撮影しています。
よって、夜間でも強烈に発光する場合と、軽く発光する程度の場合と2パターンがあるようですが、前者の「強烈に発光する」という報告を多く受けています。
推測ですが、オービスの設置場所による設定や動作方法に若干の相違があるものと考えられます。
発光(フラッシュ)の色は、一部白っぽい色の場合もあるようですが、大半は赤色だと報告を受けています。


オービスの解説に戻るオービスの解説に戻る
TOPに戻るTOPに戻る


交通違反の種類や点数・罰則などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 交通違反点数まるわかりサイト.All Rights Reserved.