Nシステム

Nシステム(自動車ナンバー自動読取装置



Nシステムとは?

Nシステムとは、「自動車ナンバー自動読取装置」と呼ばれ、盗難車・手配車両の追跡の発見などのために道路上で走行する車両のナンバーを無差別に、読取りデータ化する装置です。
Nシステムは、「どの時間に」「どの車両が」「どの地域のNシステムを通過したか」などのデータを把握することができるため、捜索願が出ている行方不明者発見の手がかりとしても利用されています。

Nシステムの種類

Nシステムには様々な種類がありますが、最も数の多いタイプを紹介します。
このタイプの外観は、1車線に対して小型カメラが2機、赤外線ストロボ1機、AVIセンサー1機の計4機構成で設置されています。
複数車線の場合においては、上記4機×の車線数になります。
LHシステムオービスに類似していますが、決定的な違いは、Nシステムには赤いパトランプが付いていないということです。
また、LHシステムオービスは、ストロボ1機+CCDカメラ1機の計2機構成で設置されているため、構成数の相違で見分けることができます。

Nシステムの特徴

Nシステムの最大の特徴は、全車線に対して設置しているということです。
したがって、オービスのようにカメラが特定の車線にだけ設置してあるのではなく、必ず全車線に対して設置してあり、かつ全車両に対して測定を行っています。
Nシステムに撮影されても、赤外線ストロボを用いていることから気づかないケースが大半ですが、気を付けて見てみると多少ですが赤色フラッシュを確認することができます。
当然、そのNシステムを通過する全車両に対して撮影を行うため、通過した全車両に対して赤色フラッシュを焚くことになります。

Nシステムの外観

Nシステム(自動車ナンバー自動読取装置


オービスの解説に戻るオービスの解説に戻る
TOPに戻るTOPに戻る


交通違反の種類や点数・罰則などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 交通違反点数まるわかりサイト.All Rights Reserved.