環状交差点安全進行義務違反

交通違反点数2点「環状交差点安全進行義務違反」 交通違反点数2点「環状交差点安全進行義務違反」



環状交差点安全進行義務違反[平成26年改訂]

--点数--
2点
--酒気帯び点数--
≪0.15mg以上0.25mg未満時≫
→14点
≪0.25mg以上≫
→25点
※呼気1リットル中のアルコール濃度検出量です。
--反則金--
≪大型車・中型車等≫
→1万2千円
≪普通車等≫
→9千円
≪自動二輪車≫
→7千円
≪原動機付自転車≫
→6千円
--免許停止処分--
前歴回数が2回以上あって、当該違反を犯した場合は免許停止処分になります。

前歴とは前歴とは、過去3年以内の免許停止処分(免停)の回数です。
なお、前回の免停処分の解除から1年以上無事故無違反だと前歴がリセットされ、過去の行政処分歴がすべて0回と見なされます。
1年間という定義は免停処分が終了した日から換算を行いますので、1月1日に免停が開始され1月30日に免停が解除した場合は、翌年の1月31日の時点で前歴は0回として計算されます。

環状交差点安全進行義務違反とは

道路交通法第37条の2の2項、3項で定められている、「車両等は、環状交差点に進入するときは、あらかじめ道路の左端に寄り、徐行して進入(左折)しなければならない」、という定めや、「環状交差点内では、環状交差点に進入しようとする車両等や、環状交差点内を通行中の車両等、環状交差点内やその付近の道路を横断する歩行者等に特に注意して、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない」、という定めを守らなかった場合に科されます。
なお、環状交差点は右回り(時計回り)通行となります。

道路交通法第37条の2
  1. 車両等は、環状交差点に入ろうとするときは、徐行しなければならない。
  2. 車両等は、環状交差点に入ろうとし、及び環状交差点内を通行するときは、当該環状交差点の状況に応じ、当該環状交差点に入ろうとする車両等、当該環状交差点内を通行する車両等及び当該環状交差点又はその直近で道路を横断する歩行者に特に注意し、かつ、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。

交通違反点数一覧表「2点」に戻る交通違反点数一覧表「2点」に戻る
交通違反点数一覧表に戻る点数一覧表に戻る
TOPに戻るTOPに戻る


交通違反の種類や点数・罰則などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 交通違反点数まるわかりサイト.All Rights Reserved.