特定の種類の車両の通行区分[道路標識]

特定の種類の車両の通行区分-道路標識(規制標識)の名称と意味



特定の種類の車両の通行区分

特定の種類の車両の通行区分-道路標識(規制標識)の名称と意味

標識の名称

特定の種類の車両の通行区分
とくていのしゅるいのしゃりょうのつうこうくぶん

標識の種類

規制標識
きせいひょうしき
※車両や歩行者に対して、通行の禁止や、制限等の規制を行う標識

標識の意味

特定の種類の車両(大型貨物自動車、特定中型自動車、大型特殊自動車)の通行区分を示す標識です。
この標識より先、大型貨物自動車、特定中型貨物自動車、大型特殊自動車は、最も左側の車両通行帯(車線)を通行しなければなりません。
大型貨物自動車、特定中型貨物自動車、大型特殊自動車は、左から一番目の車両通行帯以外の車両通行帯を通行することはできません。
特定の種類の車両の通行区分標識は、主に、高速自動車道、または自動車専用道路に設けられています。


規制標識一覧に戻る規制標識一覧に戻る
標識一覧に戻る標識一覧に戻る
TOPに戻るTOPに戻る


交通違反の種類や点数・罰則などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 交通違反点数まるわかりサイト.All Rights Reserved.