合流交通あり[道路標識]

合流交通あり-道路標識(警戒標識)の名称と意味



合流交通あり

合流交通あり-道路標識(警戒標識)の名称と意味 合流交通あり-道路標識(警戒標識)の名称と意味

標識の名称

合流交通あり
ごうりゅうこうつうあり

標識の種類

警戒標識
けいかいひょうしき
※道路上の危険や注意しなければならない状況などを事前に知らせて注意を促す標識

標識の意味

標識の先に、2つの道路が合わさって1つの道路になる合流道路があり、走行している車両が1つの流れになる合流交通地点がある事を示す標識です。
車両が合流するので、合流する車両に注意して通行する必要があります。
合流交通あり標識は、高速道路や国道、バイパス道路などにある合流道路の本線などに多く見られ、合流地点の手前から50m〜200m位の位置に設けられています。
ト形道路交差点あり標識や、逆ト形道路交差点あり標識に似ているので注意が必要です。
合流交通あり-道路標識(警戒標識)の名称と意味


警戒標識一覧に戻る警戒標識一覧に戻る
標識一覧に戻る標識一覧に戻る
TOPに戻るTOPに戻る


交通違反の種類や点数・罰則などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 交通違反点数まるわかりサイト.All Rights Reserved.